結婚式の着物のレンタルで後悔しないために

着物はお手入れも大変ですしあまり使用頻度の高くないので、結婚式などで必要な時はレンタルする人は増えてきています。レンタルだからと適当に選んでしまうと、折角の式に気に入らないもので参列する事になってしまいます。そこで気に入った物を借りる為には、早めに予約しておくことが大切です。結婚式が多い時期などはすぐにどのお店でも人気のものは予約が入ってしまうので、早め早めの予約が必要になってきます。また最近ではインターネットで手軽に写真を見て選ぶ事が出来ますが、一番は直接お店に行って選んだ方が安心です。ネット上の画像だと色目などが実際と違って見えたり、印象が違う事が多いです。また実際に自分自身の肌と合わせることによって、顔映りが良くなる色などを選ぶ事が出来ます。

自分に似合う着物の選び方のポイント

着物をレンタルする場合は結婚式の度に借りる事になるので、自分に似合う柄や色を把握しておくと選ぶ事が簡単になります。色にはパーソナルカラーというものがあり、肌や瞳、髪の毛など身体の色に調和する色の事を指します。色白の人は淡いパステルカラーが肌の白さをさらに引き立ててくれ、黄みがかった肌の人は明るい黄色や緑が肌の色によくなじみ、小麦肌の人ははっきりとした濃い色を選ぶとバランスが良くなります。また柄も全体のバランスに重要で、背の高い人は柄の大きい物を選ぶ事でメリハリがつきスタイルよく見せる事が出来ます。逆に小さな柄を選んでしまうと地色の面積が大きくなってしまい、寂しい印象になってしまいます。背の低い人は大きい柄だと柄が立ちすぎてしまうので、小さな柄の方がバランスよく着る事が出来ます。

小物の選び方で気を付けるポイント

着物だけをレンタルしても着ることは出来ないので、家にある人以外は小物も一緒に借りることになります。大体のお店では帯や草履などの小物や着付けに必要な物も、セットで借りる事が出来ます。小物の選び方は知識がないと割と難しく、結婚式に着ていくものなのでちゃんと選びたい場合はお店の人に相談すると安心です。格や季節、色味などを合わせる必要があるので、素人では適切に選ぶ事は難しいです。色や季節は分かっても格は知識がないとなかなか分かりにくいので、お店の人に合うものを数種類選んでもらってからその中から選択するようにしましょう。また見えない所の小物もしっかり揃っていないと、着崩れの原因になってしまいます。折角の式の最中に着崩れてしまったら失礼なので、着付けの際に必要な物がしっかりと揃っているか確認しましょう。