結婚式の着物のレンタルはここをチェックしよう

結婚式にお呼ばれした時には、思いっきりおしゃれをして行きたいと女性なら誰でも思ってしまうものです。そんな時に、ワンピースドレスよりもおしゃれで会場の人々の目をひいてしまうのが着物です。ワンピースドレスを結婚式に着ていくときには、花嫁の色と被らないように真っ白なものは避けたり、動物を殺して作った革製品は避けるなどのマナーがありますが、着物であってもマナーがあるものです。マナーを最優先にしながら、自分に合った種類を選ぶ必要があります。レンタルで利用する場合には、会場の衣装室や貸衣装店から借りることもできます。目的や自分の年齢に合わせてスタッフがコーディネートのお手伝いをしてくれるので、間違いのないスタイルに仕上げてもらうことができます。

利用できる場所や期間をチェック

レンタルをする場合には、借りる場所によっても利用できる場所や期間が決まっていることがあります。結婚式場では施設内に専用の衣装室があることも多く、その場で借りて着付けやヘアメイクをしてもらい、結婚披露宴が終わった後にはそのまま脱いで返却するだけなのでとても便利です。しかし、着用して施設内を出ることを禁止していることも多いので、別の場所での二次会には着ていくことができないケースがあります。そうなれば二次会用の、おめかし衣装を別に用意しなければならないことになります。一般的な貸衣装店であれば、場所に制限されることなく二次会まで利用ができます。ただし、店舗まで借りに行って返却に行くことも考えると、利用できる日数をチェックしてから借りる必要が出てきます。

保険がついているかどうかをチェック

高価な着物であってもレンタルであれば手頃な価格で利用ができますが、借り物であるということを理解して着る必要があります。結婚披露宴では、挙式会場から披露宴会場まで屋外を歩くこともあり、泥はねの危険性も持っています。また、披露宴では飲食をすることになり、食べ物を落としてしまったり不注意で飲み物をこぼしてしまう可能性も秘めています。レンタルでは、クリーニング代も含めた料金で提供されていますが、それは普通に着用した時の汗しみなどによる汚れに対するものであり、異常に汚してしまった場合には弁償しなければならないことにもなります。そんな時のために、保険が備わっていれば安心です。保険は、プランについているということもあればオプションで申し込むように設定されていることもあります。注意をしていても汚してしまう可能性があるので、申し込んでおくと安心です。