結婚式の着物のレンタル店の選び方

結婚式の和装と言えば、二通りに分けられます。一つ目は婚礼和装(白無垢・色打掛・引き振袖、紋付き袴)、二つ目は列席者(留袖、紋付き袴、訪問着、振袖、袴)。やはり結婚式を挙げる二人がいるということは、列席者も当然衣装が必要になってきます。トータルで考えた時、一番婚礼にマッチングし、使い勝手の良い着物のレンタル店は「ブライダル貸衣装専門店」、又は「トータルブライダルサロン」と言えるでしょう。このブライダルサロンという言葉を聞かれると、ホテルでの高級感な感じが払拭できませんが、ホテルだけではなく、最近では美容室と隣接したブライダルレンタル衣装取扱店も増えてきました。どちらかというと、ホテル側に比べて、ブライダル貸衣装専門店の方が婚礼・列席の衣装数も多く、トータルブライダルサロンになると、着付け師の手配も心配いらず、便利に利用することができます。

婚礼衣装はセットでバリエーション豊富なWEBレンタルも流行。

列席者と婚礼衣装を別々にレンタルしたいなら、WEB婚礼着物貸衣装店もお勧めです。最近では白無垢+紋付き袴、又は色打掛+紋付き袴で一式そろえたセット商品なども多くピックアップされています。価格もブライダル貸衣装専門店よりも安く、模様や色味、生地などのバリエーションも沢山揃えられています。引き振袖など、ブライダル貸衣装専門店舗ではあまり流通していない形も種類多く揃えられているのが、WEB婚礼着物貸衣装の長所でもあります。結婚式の衣装にこだわりたい新郎新婦様にはお勧めです。逆に一生に一度の事ですから、しっかりとブライダルコーディネーターについてもらって、衣装合わせをしたい方は、WEBはやめておいた方がいいと言えるでしょう。常にコーディネーターが常駐している、ブライダル貸衣装専門店(店舗)を選ぶことをお勧めします。

列席者は各カテゴリで種類豊富なWEB貸衣装専門店を。

一概に列席者といっても、留袖、紋付き袴、訪問着、振袖、袴など、その方の歳や立場によって、礼式礼服は変わってきます。最近は列席者の衣装も「留袖専門貸衣装店」といったように、専門性の高い貸衣装店が多く進出してきています。1つの「留袖」というカテゴリにおいて、黒留袖だけではなく、色留袖、帯飾りや種類豊富な帯など、こだわった衣装セットが多く存在します。訪問着や振袖も同じような専門性を持ったWEB貸衣装店がたくさん存在します。価格も店舗より安く、そのバリエーション数はくらべものになりません。「どの人を見ても同じ留袖。」という、個性のない衣装を好まない人には、お勧めと言えるでしょう。特に訪問着は店舗では種類少なく、留袖ほどの種類が揃えられていないことが多いことを考えると、WEBサイトでの圧倒的な種類の多さは嬉しいものですよね。