結婚式の着物をレンタルする時の注意点

日本の伝統的衣装とはいえ、着る機会の少ない着物。どうせなら、いつもはワンピースが定番という方もたまには和装で結婚式に出席しませんか。家に持っていなくても大丈夫です。レンタルという手があります。それだとわざわざ購入するよりも断然安上がりですし、さまざまなデザインの中から選び放題です。流行に合わせた柄を選ぶことができます。着たあとはまたお店に返せばよいので保管しておくスペースもいらず、楽チンです。ただ、普段着る機会がないものだからこそ、借りるときの注意点があります。気をつけないと、意外と高くついてしまうかもしれませんし、選び方を間違えると失礼に当たることがあるかもしれません。ある程度の知識を身に着けた上で借りるようにすることが必要なのです。

レンタルを利用する際、注意すべきこと

当たり前ですが、衣装をレンタルする以上は着物であっても一度試着してみましょう。当日になって着て顔映りがいまいちということになると大変です。結婚式ともなると、立ったり座ったりはもちろん、食事を取ったり・庭で写真撮影ということも。クリーニングが有料か無料かも確認しておきましょう。着物だと靴やバッグ・髪飾りなどどれも普段のものが使えなくなります。こういった小物も含めてのお値段なのかどうか確認して選ばないと、どんどん追加料金が発生することになってしまいます。自分で着れない・着せてくれる人がいないというなら着付けもしてもらわなければなりません。当日の式に間に合うように、時間に余裕を持って準備してもらい、当日はどういう移動手段で行くかなどタイムスケジュールもきちんと考えておくことが必要です。

年齢や立場で選び方は違ってきます

華やかなのは振袖ですが、これは未婚の女性のための衣装。結婚式の場では自分がミスかミセスか周囲の人にすでに知られているため、間違った衣装だとNGです。他に留袖や色留袖がフォーマルな場面用のものなのでミセスの方はこちらを着ることになります。親族か友人なのかという立場の違いや会場の雰囲気によってもどこまでフォーマルなものが必要となるのか違ってきます。帯や草履もフォーマルな場で使うものと日常生活用とあるのでそういった知識を持って選ぶか、お店の人にきちんと相談するようにしましょう。柄も季節によって違ってきます。結婚式にふさわしい柄を選ぶ必要もあります。面倒ではありますが、着物姿の人がいれば場が華やぎますし、引き締まるでしょう。大切な友人のため・親族のためにも頑張ってみてはいかがでしょうか。